バセドウ病 治す

バセドウ病を根本から解決するには?

バセドウ病を根本から解決するするために

 

バセドウ病を克服して、元の元気な体を取り戻したい、そう思ったことはありませんか?

 

薬を飲んでいれば、普通の人と変わらない生活が送れるようになると言いますが、その体調は不安定なことも多いですよね。

 

定期的な診察や血液検査、毎日の薬などやっぱり健康な人とは違うし、バセドウ病になる前の体に戻れたらな、と私も思っていました。

 

本格的にバセドウ病を治すにはどうすればいいんだろう?と思ったのは、インフルエンザになったのがきっかけです。

 

インフルエンザのあと、やっと普通に暮らせるくらいまで回復したのに、薬を飲んでもなかなか亢進状態が治まらなかったり、今度は薬の効きすぎ?で体中がむくんで肌がカサカサになり、体重がどっと増えて低下症のようになったり。

 

でも血液検査の結果と、自分の抱えている症状が一致しなかったり・・・
(これ甲状腺の病気の人には結構わかってもらえると思うのですが)

 

自分の体なのに自分の体じゃないみたいで、かなりしんどかったです。

 

そんなことがきっかけで「元の体を取り戻したい」と思うようになりました。

 

いくら命に関わらないといっても、やっぱり薬や検査が必要なくなる方がいいですよね。

 

バセドウ病をこす自己抗体ができる仕組み

 

私は自分がバセドウ病になった原因をさぐるために、色々と調べてみました。

 

そして、バセドウ病を含む自己免疫疾患は、免疫機能を酷使することでそこに狂いが生じて起こることがわかったんです。

 

体の中の免疫機能は、常にパトロールしながらウイルスや菌などど戦っています。

 

この免疫機能が正常なうちは、自分の甲状腺を攻撃する「自己抗体」は作られることはありません。

 

でも、免疫機能を酷使してひとたびその働きに異常が起こると、自己抗体が作られてしまいます。

 

 

自己抗体ができる仕組み

 

免疫細胞の中のリンパ球の一つ サプレッサーT細胞の働きが悪くなり、免疫機能の暴走を止めることができず、どんどん自己抗体を作ってしまう。

 

 

 

そして、その自己抗体が甲状腺を刺激してホルモンがどんどん出てきてしまうのがバセドウ病です。

 

なので、バセドウ病を克服するには免疫を正常にして、自己抗体が作られない体を作るしかないんですね。

 

 

腸内細菌のバランスが免疫を左右する

 

 

体にとって有害なものと戦う免疫細胞は、およそ7割が腸で作られます。

 

特に小腸には免疫細胞のリンパ球がたくさん存在し、その働きを支えているのが大腸の中の腸内細菌です。

 

腸内細菌は善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌から構成され、理想的な割合は2:1:7。

 

でもこのバランスが崩れて善玉菌が減ってしまうと、悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなり、更に公平なはずの日和見菌までもが悪玉菌に加担するようになります。

 

すると免疫機能は低下し、リンパ球などの免疫細胞がトラブルを起こしやすくなり、病気になってしまうのです。

 

マウスの実験では、わざと善玉菌がない状態にしたら、自己免疫疾患になってしまったそうです。

 

このことからも、バセドウ病を含む自己免疫疾患も、腸内細菌のバランスの崩れが免疫機能が低下させ、異常を起こしたのだとわかります。

 

だから、健康な体を維持するには善玉菌を減らさないことや、細菌のバランスを保つことが大切なんですね。

 

免疫機能を正常にするために善玉菌を補う

 

免疫機能を正常にして、自己抗体が作られない体を目指すには、善玉菌を増やし腸内環境を整え免疫細胞を活性化するしかありません。

 

乳酸菌で直接補ったり、善玉菌の餌になるオリゴ糖や水溶性食物繊維を積極的に摂ることが必須です。

 

その他にも、

 

・十分な睡眠や休息

 

・添加物や加工品を少なくする

 

・ストレスの発散

 

これらもとても大切です。

 

けれど、一度バセドウ病になってしまったら、乳酸菌を急にたくさん摂っても、生活環境を整えてもなかなか免疫細胞は元に戻りません。

 

腸内の細菌バランスを整えつつ、免疫機能も活性化することが大切です。

 

免疫機能を活性化するMRE新酵素

 

私が免疫を活性化させるために見つけたのがMREビオス新酵素です。

 

MREビオスは普通の酵素ドリンクとは違い、特許を取得したMRE新酵素が「自然免疫を活性化」する働きを持っています。

 

MRE新酵素は人の体本来の自然治癒力にアクセスし、対処療法的に働くのではなく、体質改善に役立つのです

 

また、腸内細菌のバランスも、理想的な割合に調節してくれます。

 

MREビオスの原材料

 

白樺茸(チャーガ)、紅景天、マカ、キトサン(カニ由来)、キャッツクロー、アガリクス、いわし、ニンニク、田七人参、霊芝、フィッシュコラーゲン、冬虫夏草

 

MRE新酵素の特許

 

日本特許庁(JP) 特許番号 特許第4951150号
日本特許庁HP  http://astamuse.com/ja/published/JP/No/WO2010095463

 

バセドウ病に関係する特許請求内容のみ抜粋しますね。

 

 


概要
本発明は、自然免疫及びそれに続くリンパ球の免疫を、細胞を痛めつけることなく活性化させることのできる効果的な免疫賦活物質を有する免疫増強組成物を提供することを目的とするものであり、バシラスsp.(Bacillus sp.)(FERM BP?11209)、リシニバシラスフシフォルミス(Lysinibacillus fusiformis)(FERM BP?11206)、バシラスソノレンシス(Bacillus sonorensis)、リシニバシラスsp.(Lysinibacillus sp.)(FERM BP?11207)、及びコマモナスsp.(Comamonas sp.)(FERM BP?11208)から成るMRE共生菌群から選択される1若しくはそれ以上の菌類を分解することによって生じる免疫賦活物質を有効成分として有するものであることを特徴とする、免疫増強組成物である。

 

 

請求項9

 

請求項1記載の免疫増強組成物において、この免疫増強組成物は、アレルギー疾患又は自己免疫疾患に罹患した対象における抗炎症剤として使用されるものであることを特徴とする、免疫増強組成物。

 

 

請求項13

 

請求項1記載の免疫増強組成物において、この免疫増強組成物は、肝臓癌、前立腺癌、大腸癌、直腸癌、肺癌、膵臓癌、胃癌、悪性リンパ腫、糖尿病、高血圧、創傷、靭帯損傷、骨折、低温火傷、ニキビ、飛蚊症、辱創、蕁麻疹からなる群から選択される疾患に罹患した対象を治療又は予防するための医薬又は動物薬として使用されるものであることを特徴とする、免疫増強組成物。

 

 

請求項22

 

請求項17記載の方法において、前記自然免疫に関連する疾患は、顎関節炎、潰瘍性大腸炎、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎を含むアレルギー疾患又は自己免疫疾患、日和見感染菌、HIV、HCV、及びHPVを含む病原性細菌又は病原性ウイルス関連疾患、肝臓癌、前立腺癌、大腸癌、直腸癌、肺癌、膵臓癌、胃癌、悪性リンパ腫、糖尿病、高血圧、創傷、靭帯損傷、骨折、低温火傷、ニキビ、飛蚊症、辱創、蕁麻疹からなる群から選択されるものであることを特徴とする、方法。

 

 

もちろんこれだけですぐにバセドウ病がなかったことになるとは言えません。

 

でも、バセドウ病は、結局は免疫異常の体質を改善しなければ、薬で症状を抑えても病気が治ったことにはなりません。

 

特に私のように、抗甲状腺薬を中断しては再発を繰り返していると、それは身にしみて思います。

 

バセドウ病は何もしなければ自然治癒することはまずない病気です。

 

だからこそ完治を目指すためには、抗甲状腺薬の他にも免疫を正常にするという事は、とても大切なことだと思うのです。

 

また、MRE新酵素を補うことで、バセドウ病によくある症状も和らぎます。

  • 抜け毛が減っていく
  • 疲れにくくなる
  • イライラしなくなる
  • 風邪をひきにくくなる

 

これはMRE新酵素に細胞内を綺麗に掃除する役割があり、その結果代謝が正常になり体が本来の働きを取り戻すからです。

 

あなたはバセドウ病になりこんなことを思ったことはありませんか?

 

・薬を飲み続けるのが不安

 

・数年治療しているけどいったいいつになったら薬をやめれるの?

 

・バセドウ病からくる症状が辛い

 

・誰にも病気を理解されずしんどい

 

私もよく思っていました。

 

「甲状腺ホルモンを出さなくていいよ」と薬で抑えているだけでは、現状は変わりません。

 

バセドウ病じゃなかった頃の自分を取り戻したい、もし少しでも私と同じように思ったことがあるなら、MRE新酵素の詳細をぜひ読んでみてください。

 

値段は高めですがそれだけの価値は十分あると思いますよ。

 

 

⇒ MREビオスの詳細はこちらから

私もMRE酵素をはじめました

私もできることなら薬も飲まず、その他の治療法もせずにバセドウ病を治したいです。

 

薬を飲んでいれば普通の人と変わらないと言われていますが、その体調はやはりいつも不安定。

 

お医者様にも「少しでも亢進状態になっていれば、心臓にものすごく負担がかかっているんだよ」と言われていました。

 

かと言って薬を増やすと、私の場合低下症と同じ症状が出てきてしまって・・・

 

前はそうでもなかったのに、だんだん薬のコントロールも難しくなり、薬を減らしてもなかなか低下症の症状が消えなかったりしていました。

 

本当は鍼治療でなんとかしようと思っていたのですが、体質改善にはまず週に2回は通ったほうがいいと言われて、流石に無理かなと思って断念しました。

 

で、MRE新酵素を飲んでみることにしたわけです。

 

 

 

高いだけあって、しっかり包装してあります(*゚▽゚*)
900ml入ってます。

 

 

1杯分を簡単に計れるように、目盛り付きのグラスがついています。

 

私は30mlを毎日飲むことにしたので、およそ1ヶ月分ですね。

 

 

一番心配だった味は全くないです。

 

公式サイトには「薄い麦茶のような味」とありましたが、私は感じなかったです。

 

普通の酵素ドリンクは独特の味がありますが、これなら続けられるなと思いました。

 

追記:定期購入分に「食品衛生法の厳格化」によりビタミンcの添加を少しだけ増やしたとのお手紙が入っていました。

 

確かに飲んでみると、今までより若干酸味を感じましたが、初めて飲む人にはわからないレベルかもしれません。

 

私の体がどんな風に変わるのか?このサイトでお伝えしていきますね。

 

飲み始めたばかりですが、次の日は体がとても軽く、その次の日は便秘になったこともないのにとても臭い便が出ました(汚くてすみません)

 

けど私の体の中で、大規模なお掃除が始まっているようですヽ(・∀・)ノ

 

 

⇒ MREビオスの詳細はこちらから

 

MREビオスを1ヶ月飲んだ感想

MREビオスを1ヶ月飲んでみたので、その感想や体の変化を書いていきますね。

 

バセドウ病の変化

 

飲み始めて10日目に血液検査がありました。

 

正直何年もバセドウ病だったので、10日間で変化はないと思っていましたが、結果はやはり自己抗体の数値は変わりありませんでした。

 

ただ、時々首をきゅっと絞められているような感じがあったのですが(ストレスや多忙、寝不足の時)

 

この1ヶ月はほぼなかったです。

 

主治医曰く「首が絞められているように苦しくなるのはバセドウ病と関係ないよ。ストレスだよ」とのことでした。

 

でも病気になるまではそんなことはなかったので、私は少なからず「関係しているのでは」と思っていて。

 

だから、それがなくなっただけでも気分がいいです。

 

でも甲状腺に対しても、まだ希望を捨てていません。

 

甲状腺以外に起きた変化

 

正直、味も全くなく「これ本当にすごいのか?」と疑っていたのですが笑、以下のような嬉しい変化が結構ありました。

 

  • お酒が残りにくくなった
  •  

  • 朝の目覚めが良い
  •  

  • 足のむくみが軽い
  •  

  • 顔のシミが薄くなり、こめかみのポツポツが全部なくなった
  •  

  • 肩こりがひどくならない

 

 

健康食品なので、魔法のように体が変わるわけじゃなくのですが、それでも1ヶ月でこれだけの変化を感じました。

 

これらはMRE新酵素で代謝が上がって、余計なものが体から出た結果だと思います。

 

また、体の中で最後に栄養が回ると言われる肌に変化が出ているので、体の内側は同じくらいいい状態になっているのではないかと思います。

 

 

これからも続けていきます

 

自己抗体ができない体を作りたくて始めましたが、嬉しい変化があったので、お得に続けるために定期購入にしました。

 

1000円位しか安くならないのですが、定価が結構高いので、定期にしたほうがお得です(回数の縛りはないので、いつでも解約できます)

 

高いですが一日にすると300円くらいなので、外でスムージーを飲むのと変わらないし、それよりはるかに結果も出るし。

 

高い美白美容液もいらなくなるので(*゚▽゚*)そう考えると割とお得な買い物かも知れないですね。

 

 

 

 

あなたが私と同じバセドウ病でも、体の中身は違うので同じ結果が出るとは言えませんが、体を元気で健康な状態に戻すためには、少なからず役立つものだと思いますよ。

 

自分で体をいい状態に持っていきたい時は、検討してみてください。

 

 

⇒ MREビオス新酵素の公式サイトはこちら

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ